悪用厳禁!心理カウンセラーも使う、相手の本音を引き出す会話テク3つ


PP_koukashitanoあなたは、相手が女性に限らず、日常的にちゃんとリアルで”コミュニケーション”できていますか?リアルでのコミュニケーションというのは、同じ言葉でもその場の雰囲気やニュアンスといったものがプラスされるため、LINEやTwitterと違って本音がどのあたりに含まれているのか、どこまで深く読み解けばいいのか、といった要素がリアルタイムで必要になります。さらに、言葉のなかには嘘もタテマエも混じっているため、相手の本心が読み取れず、後になって「アレってそういう意味も含まれてたの?」と気づくこともあったりします。
ですが、心理カウンセラーも使うようなちょっとしたテクニックを使って働きかけることができれば、相手の思わぬ本音を見ることが可能です。”心理テクニック”と呼ぶと少し仰々しいですが、意外と日常で使っている、あるいは使えるテクニックです。





 

心理カウンセラーも使ってる!相手の本音を引き出す会話テク3つ

会話テクその1:一般化させた質問





相手の本音を聞き出したいなら、相手が個人として答えるような形ではなく、より一般化させた質問を向けてみましょう。例えば彼女に向かって「キミは正直者?」と聞いたところで、本当はどうであれ「私はウソツキです」と答える人は殆どいません。相手の本性を知りたかったら「たいていの人は正直者だと思う?」と、内容を一般化させた質問をしてみるのがベターです。実はこれは心理カウンセラーがよく使うテクニックなのです。直球で真正面から質問をぶつけるのは、あなた自身の誠意を感じさせることができても、相手がきちんと真正面から返してくれるかどうかは全く別の問題です。そういうときは一般的な聞き方をすると、つい気を許して本音を紛れ込ませた回答をする確率が上がります。

 

 

会話テクその2:空メールを送る





これは、相手が脈アリかどうかを確かめる方法です。例えば、別れてしまった恋人とヨリを戻したいけど、向こうはどう思っているかわからない。そんなときに”空メール”が有効です。もし相手が少しでもあなたを気にかけているのなら、その空メールが気になって仕方ありません。「いま空メールが来たんだけど、どうかした?」などと、必ず返信があるはずです。心理的に人間は「空白は隙間があると、そこに意識が向きやすい」という性質があります。
clumn050_zu
ゲシュタルト療法の応用なのですが、「物理的に欠けたもの」を見せるのではなく、何も書いていないメールという「欠け」を見せることで、相手は心の中に生まれたモヤモヤを解消しようと気になり出すのです。
逆に、もし返信がなかった場合は、・・・言わなくてもわかると思います(笑)

 

 

会話テクその3:座ってリラックスさせる





人がうっかり本音を漏らしてしまうのは「立っているとき」と「座っているとき」どちらでしょうか。立ち話の方がポロッと本音を漏らしてしまいそうですが、実は「座っているとき」なのです。子供の頃を思い出してください。何か学校でイタズラや悪いことをして先生にバレて呼び出しをくらったとき、生徒であるあなたは先生の前で座って説教を聞かされたり叱られるということはあまりなかったはずです。
そうなんです。人は座った状態だと気が緩み、立っていると緊張します。つまり、相手にゆったりと座ってもらい、リラックスさせた方が本音をポロッと出しやすいのです。もっと有効にこの”座らせる”テクを使うなら、相手と対面で座るのではなくて、相手の横か90度の位置(三角形の2辺に位置する)ように意識しましょう。真正面からだとテーブルという障害物があって、近づきたくても近づくことができませんし、基本的に正面から迫られると抵抗を感じる人のほうが多いのです。
ichi

 

 

心理カウンセラーも使ってる!相手の本音を引き出す会話テク3つ まとめ




 
  1. 一般化させた質問
  2. 空メールを送る
  3. 座らせて緊張をほぐす
 

問題解決のために!
いかがでしたでしょうか。
人というのは基本的に正面から迫られたり質問されたりすると抵抗を感じてしまい、せっかくこちらが真正面から誠意を見せても相手が応えてくれない場合が多々あります。威嚇するつもりがなくても、相手はやはり女性ですから”怖いもの”に対しては”本音”を言うことができずに距離を置こうとしてしまうものです。ですが、今回挙げた、非常にカンタンなテクニックを使って少し工夫をしていくことで、驚くほどスルッと相手が本音を喋りやすくなる環境を作れますし、実際に相手が本音をポロッと喋ってくれるようになります。
女性とのコミュニケーションにおいては、直球でいいのは気持ちだけです。行動に関しては、相手が緊張しないようにしたり、あなたに気が向くように仕掛けてみたり、少し変化球を投げてあげることで相手に好印象を与えられるように努めていくといいと思います。

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております

ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください


dlbutton

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!