秋こそ出会いの宝庫!参加してみるべきイベント4選


秋イベント
「読書の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」・・・といろんな秋を表す表現がありますが、私はやはり「出会いの秋」を推したいと思っています!単に今夏は海で一度も泳いでいないという悔しさからリベンジしたいという気持ちがあるからなのですが(笑)。そう、今年の私は夏休みもなく、夏らしい夏を一切過ごしていないのです。(夏に一切ブログを更新していなかった理由のひとつでもあります・・・)
ということで今回は、私自身も今秋に実践したい、これから開催される秋のイベント諸々を紹介します。


 

出会うなら夏より秋!女性と接触率の高いイベント4選


1:ハロウィンパーティに参加してみる





ハロウィンは10月31日ですが、早いところでは10月の上旬からいろんなところでイベントが開催されているようです。
ハロウィンでお約束なのは「仮装」です。簡単にいうと「コスプレ」です。コスプレは恥ずかしいですか?コスプレと聞いて首を横に振っているようでは、あなたはおそらくクラブで踊ったりしたこともないような、出会いに対して行動力のない男性ではないでしょうか。実際のところ、イマドキの女の子はコスプレに対してあまり抵抗を感じていません。
でも、何かアニメのキャラになりきれとか徹底的に凝ったコスをしろということではありません。あくまでノリでOKです。ぶっちゃけ、ドンキあたりで買ったドラゴン○ールの悟空でもマリオでもいいですし、音楽関係ならオレンジ色のツナギを着て目線のような横真一文字のサングラスをかけてポリシッ○スになりきるのもアリです。簡単なところなら、オーバーオールのジーンズに黄色いロングTシャツとゴーグルでミニオ○ズになれます。面倒くさかったら全身タイツや戦隊モノでもOKです。
ここで重要なのは、コスプレの出来云々ではなく、あなた自身が他の「ペルソナ」を被ることです。つまり、自分の上に1枚フィルタを乗せて、別の自分を演じてしまえばいい、ということです。

 

 

2:秋バーベキューに参加してみる 





バーベキューというと夏のイメージが強いですよね。でも、秋にバーベキューを開催するところも意外と増えてきているのをご存知ですか?僕の友達も10月に二子玉川で開催するなんて話をしていますし、秋だからこそバーベキュー!と思っている方が実は潜在的にいるんですね。夏は暑すぎるし紫外線が強くて日焼け対策をしなきゃいけないし、バーベキューに行きたくてもそういった理由で少し抵抗を感じていた女性も、秋バーベキューなら気持ちよく参加できる環境だといえますよね。
SNSなどの出会い系コミュニティーに参加していると、必ず何回かはお知らせが届くはずです。クラブみたいなノリが苦手だったり、コスプレにまで手を出せなくても、バーベキューくらいなら大丈夫なはずです。酒なんか飲めなくてもいいんですから。これでも躊躇しているようなら、本当の意味でコミュ障でヤバいと思います。SNSなら参加者一覧をザックリと見て、女の子が多そうなら参加ボタンを押すくらいの軽い気持ちで参加してみましょう。

 

 

3:大人向けの立ち飲みバーに行ってみる 





都内にはお洒落な立ち飲みバーが多くあります。場所によっては立ち飲みバー=ナンパスポットであることを知っている男性が数多く待ち構えている可能性がありますが、逆に考えるとそれだけ出会いの可能性の高い場所でもあるということです。某「相○屋」のようにタダ飯目当ての乞食女子もいないので、出会ったところでATMのように吸い取られて終わりというリスクも皆無です。
ただ、前述したようにナンパ目的で男性が集いまくっているバーの数が非常に多いのも事実なので、そこをいかに避けるかという店選びが非常に重要になります。普段から会社帰りに銀座や新橋、新宿などの繁華街に行って、自分の足である程度の情報収集とリファレンスの構築が必須となりますが、一度見つけることができれば、そこがあなたにとってのホームグラウンドになります。

 

 

3:オフ会をフル活用してみる 






前述の「秋バーベキュー」という項目を少し大きく括ると見えてくるのが「SNS」という存在です。SNSで立てられているイベントの主旨というのは、だいたいが同じ趣味・趣向の集まりだったり、バーベキューや芋煮会などのように有象無象がワイワイと集まって騒ぐものが多いです。
つまり、オフ会に参加するということは、「どんなことが好きなの?」「最近ハマってる趣味って何?」といった出会いの初期段階で聞きがちな質問を1つすっ飛ばして「同じ趣味・共通項のある状態」からスタートできるので、仲良くなれるタイミングが意外と早く、すんなりと打ち解けられる可能性が非常に高いのが特徴です。
下手に婚活パーティや合コンよりもマッチングリソースが少ない可能性がありますが、それでも出会った相手と親密になりやすいのは間違いありません。
SNSのコミュニティやイベントに参加したときに重要なのは勿論そこの参加者とのコミュニケーションですが、もっと重要なのがそのイベントの主催者といかに仲良くなるか、です。イベント主催者と仲良くなれば、その方の開催する他のイベント情報を知ることができます。

 

 

4:女子大の文化祭に行ってみる 





学校によっては招待された人限定だったり身内だけしか行けなかったりするケースも多いですが、女子大の文化祭に行ってみるのもアリです。女子大ですから当然女の子の占有率が高いですが、反面、当然のようにナンパ目的の男性がうじゃうじゃ溢れているので、そこは負けないようにしなければなりません。
ここでポイントなのですが、声をかけるべきはその学校の生徒ではありません。というのも、その学校の生徒に声をかけるということは当然同級生や友達が周りにいるわけです。あなたが相当なイケメンでヤリ手ならそれでもいいですが、おそらくこのブログを読んでいるあなたはそこまでグイグイいける人ではないはずです(多分)。
ということは、その学校の生徒よりも学祭に来た一般客を狙うのがベターということになります。もうひとつテクニックを挙げるなら、「カメラ」という小道具を持っていきましょう。なるべくゴツくて高そうな一眼レフがいいです。適当にブログライターとか駆け出しのカメラマンなどと名乗って「いま、学園祭に来てる可愛い女の子を100人撮らなきゃいけないんだけど、撮らせてくれませんか?」などと口実をつければ声もかけやすいし、撮った写真を送るからという名目でアドレス交換もできます。

 

 

出会うなら夏より秋!女性と接触率の高いイベント4選 まとめ




 
  1. ハロウィンパーティに参加してみる
  2. 秋バーベキューに参加してみる
  3. オトナな立ち飲みバーに行ってみる
  4. 女子大の文化祭に行ってみる
 

問題解決のために!


いかがでしたでしょうか?
暑さが少し和らいできた時期だからこそ、少し落ち着いて、でも少し勢いを残した状態を保ちつつ、秋のアクションプランを立てることができるのではないかと思います。
私は友達の主催する秋バーベキューに参加しますし、これから学祭のスケジュールをチェックして、一般人でも入れるところに足を運んでみようと目論んでいます。
また、イベント主催者とも繋がっているので、その人が定期開催しているイベントにも頻繁に顔を出して出会いを増やしていく予定です。

もし、「どのイベントに参加していいのか分からない」とか、それ以前に「自分に合った行動が分からない」「自分磨きをしたいけど、どこから手をつければいいか分からない」という方は、お気軽にメールをお送りください。

恋愛グロースハッカー クワハラヒロユキ

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております

ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください


dlbutton

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!