今年こそ!素敵な出会いを恋愛を叶えるべきアクション3つ


鳥居あけましておめでとうございます。2016年がはじまりました。
「一年の計は元旦にあり」とよく言われますが、最初に目標をしっかり決めておくことはとても重要です。とはいっても、普段から「可愛い彼女がほしいー!」とか「素敵な恋人ができますように!」などと望んでいても実際にはなかなか引き寄せられていないのが現実ですよね。
実は、確実に素敵な彼女を引き寄せる方法があるんです。今回は、新年だからこそやっておくべきアクションや考え方をお伝えします。


 

今年こそ!素敵な出会いと恋愛を叶えるべきアクション3つ


1:神社では本気で参拝する




torii

まず神社への参拝を挙げておきます。これは、初詣に限ったことではなく一年を通して神社に参拝するときの注意点でもあります。
参拝というと、何十分も行列に並んで、やっと本殿にたどりついたら財布から小銭を出して「ご縁がありますように」とか言って五円玉を賽銭箱に放り投げてパンパンと手を叩いて終わり、って思ってないですか?

実はそれって大きな間違いなんです。

参拝するなら本気でやりましょう。といっても、賽銭箱に入れる小銭を野口英世とか福沢諭吉にしろという話でもありません。それだけのお賽銭を出せるならきちんと玉串料として社務所にお納めしてご祈祷してもらった方が何倍も効果的です。

考えてもみてください。

賽銭箱に小銭を放り込むあなたの姿は、いわゆる「チャリンコ詣り」と呼ばれるもので、言ってみれば「その他大勢」のひとりにすぎません。ですが、きちんと新年初祈祷(昇殿参拝とか正式参拝といいます)をしてもらった場合、その他大勢よりも一歩前に入って、しかも宮司さんから直接名前も住所も奏上されて「神様この方はこういう願望を持っています、どうか叶えるように力を貸してください」とお願いしてくれるんです。これだけでもかなり特別扱いされることになりますし、その他大勢の願望に埋もれることがありません。

さらに、参拝列に並ぶことなく申し込めて、待ち時間も暖かい場所に通される神社も多いので、その他大勢の参拝列に比べて時間的にもショートカットできて参列ストレスがほとんど無い状態でお参りすることができます。
新年早々から余計なストレスなんて感じたくないですもんね。

 

 

2:具体的な目標を立てる 




schedule
神社参拝の際の注意点でもありますが、お願いごとというのはいわば目標やゴールですから、きちんと設定していないと何の意味もないです。冒頭でも触れましたが、あなたがたの願望は案外具体的じゃなかったりします。

「可愛い彼女が欲しい」「甘えたがりな彼女を作ってイチャイチャしたい」じゃダメなんですか?
────はい、ダメです。

理由は簡単です。全然具体的じゃないからです。
「可愛い」を例にとりますと、「可愛い」っていう定義がまず曖昧すぎますよね。可愛いにもさまざまな可愛さがあります。清楚な可愛さなのか、ロリ系な可愛さなのか、エロ可愛いのか、顔立ちが可愛いのが好みなのか、少し崩れてても笑顔がめちゃくちゃ可愛い「ちょうどいいブス」なのか。あなたのいう可愛さを自分自身できちんと説明できますか?

言いたいことは分かりますよね?ひとことでいうと、ターゲティングが甘いんです。ターゲティングが甘いと自分の好みの「可愛い」子がどういう場所に多くいるのか、どういうスポットに行けば出会えやすいのかが分からないわけですから、むやみやたらと数ばかりこなしていくけど全然思いどおりの成果が出てこないわけです。

ターゲットを具体化することができれば、自分の現在位置からその目標までの落差がどれだけあるかが分かりますし、その落差が分かればどれくらいのステップを踏めば目標に到達できるのかも計算することができます。逆に無計画のままでいると好みではない相手に出会って少しでも気が合ったりすると「よっしゃ!彼女ゲット!」と勘違いしてしまい、付き合っていくなかでだんだんおぼろげに思い描いていた理想とのズレに違和感を持ち始めてしまい、相手に対するモチベーションが低下して倦怠期を迎えます。
 

 

3:考えるな。観察して言葉に出せ 




kaiwa
人間には感情と論理という2つの側面があります。うまく彼女を作れる人は思いのほか論理的な思考を持っています。そして、脳内でロジカルに考えるだけではなくすばやく行動に移すことができる人でもあります。ナンパの上手い人だって数を打っていくなかで「どうすれば断られずに足を止めさせて相手の感情を揺さぶれるか」を覚えていって成功率を高めていき、それを自分のスタイルとして確立させているんです。
論理的思考ができる男は、物事を俯瞰することができます。つまり、物事を客観的に捉えることができる人なんですね。客観的に物事を捉えられるというのはどういうことかといいますと、観察力に長けていることをいいます。彼女のファッションやしぐさなどいろんなところを観察できることで自分がどう振舞えばいいのか先読みすることができますし、そこから頼りがいフラグが立って結果的にあなたに好印象を抱いてくれることになります。
ですから「何を話そうか」と考えることにあまりあなたにメリットはありません。たとえばお見合いパーティや合コンなんかでお目当ての子がいたとしたら、ためらわずに話しかければいいだけなんです。もしためらっているのだとしたら、それは失敗や傷つくことへの恐怖が大きい証拠です。失敗したっていいじゃないですか。その子とうまく話せなかったからってあなたの人生が終わってしまうわけじゃないし、断った彼女の方だっていちいち覚えていないでしょう。あまり引きずらず次に行けばいいんです、次に。
 

 

今年こそ!素敵な出会いと恋愛を叶えるべきアクション3つ まとめ




 
  1. 神社では本気の参拝をする
  2. 目標を徹底的に具体化する
  3. 考えるよりもまず観察
 

問題解決のために!


いかがでしたでしょうか?
神社参拝に関して補足なのですが、参拝の一連の流れ(二礼二拍手一礼)のなかに「願いごとをする」というアクションって実は一切入っていないことに気づいたでしょうか?参拝では本来願いごとをする必要なんて無いんですね。というのも、(仮に本当に神様がいると仮定して)常に神様があなたの普段の思考や行動を見ていて、自分の願望にフィットした行動が出来ているかチェックされているからなんです。
参拝のときはあなたがチェックされ見守られていることへの感謝をするだけでいいんです。

もうひとつ、3つ目の内容の補足になりますが、ここで言いたいのは「攻める側であるあなたは相手の感情を揺さぶるために、論理的に考えて行動しなければならない」ということです。あなたまで感情的になってしまったら、相手をリードしたりエスコートすることもできません。こういう表現は少し語弊があるかもしれませんが、論理的に考えることができる男は余裕があるように見えるんです。基本的に女性は、余裕のある男に惹かれます。余裕のある男には必ずブレない軸というものがあります。その軸というのは・・・長期的な夢や目標など何らかのビジョンを持っていて、それに向かって行動できているその人の「在り方」そのものになります。

堂々めぐりな内容になってしまいそうですが、2番目にお伝えした「目標」というものを持っている人は自分の行動を俯瞰することができている人なんですね。やるべきことが自分で分かっているから無駄なことも余計なこともあまりしません。

恋愛をうまく乗りこなせる人は、恋愛を論理的かつマーケティング的思考で捉えることができる人なんです。

恋愛戦略プランナ クワハラヒロユキ

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております

ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください

dlbutton

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!