”いい人”だけじゃNG?”付き合いたい”と思わせるポイント3つ


207
なんとなく仲良くなっていい雰囲気の女性と本気で付き合おうと告白すると、「いい人なんだけど…ね」と言われてフラれてしまう。朝活や異業種交流会、飲み系のオフ会などで女性と知り合った方に意外と多いケースです。いろんな情報を知ってて知的だし、外見だってそんなに悪くない。2人で出かけることもできる。でも思い切って告白してもOKの返事はもらえない。いったい、何がダメなのでしょうか?「付き合いたい男性」と「恋愛対象には見られない男性(=友だち)」の差は、どこにあるのでしょうか?




大事なのは、「いい人なんだけど…」と断られないために、出会いの初期段階で「付き合いたい男性」と思われる状態に、あなたがなっておく必要があるということです。

”いい人”から”気になる人”へ!付き合いたいと思わせる3つのポイント

 

その1:清潔感を常に保つ



ザックリと言ってしまえば、毎日洗いたての服を着る、自分の体のラインにフィットした服を着る、履いた靴も1日の終わりには保革クリームや靴墨などで適度に手入れする、過度に整髪料がついていない整った髪型、無精ヒゲがない、爪の先が汚れていない、体臭がしない(香水がキツすぎない)。これらの全てが”清潔感”として備わっていることが大前提です。ただ、これが意外と分かっていない男性が多すぎるのが現状です。靴を手入れしていても毎日同じものを履き続けていたら当然足が臭くなりますし、香水も「自分アピール」の気持ちが強すぎて香水を振りすぎてキツくなって逆に近寄ってくれなくなることもあります。上述の項目を押さえるのは当然ですが、その加減には十分に注意が必要です。


 

 

その2:会話のなかに好意を含ませる



誰にでも同じように優しくしていると、もしその中に好きな女性も混じっていたら、その女性も「友達扱いされているから、私も友だちとして接する」と思ってしまうようになります。あなたは、相手にそれとなく好意を示していますか?「気になる」から「好きかも」に気持ちをシフトさせたければ、あなたからスイッチを入れる必要があります。だからといっていきなり告白して距離を詰めようとするのはNGです。気軽に接してくる女性は多いですが、イザ恋愛となると「相手からアプローチしてほしい」と思う女性の方が多いのが現実です。あなただけは特別、という気持ちを言葉や行動で告白する前に示しておかないと、友人関係から脱出することが難しくなってしまうのです。

たとえば、2人で会う約束をしたときの待ち合わせ場所。普通なら”ハチ公前”や”いけふくろう”あたりで待ち合わせをすると思いますが、私はデートのアポでは必ず本屋やカフェの中を待ち合わせ場所にします(その他大勢の友達と会うときは合流しやすい場所を別途選びます)。そういう場所で待ち合わせる諸々の理由は割愛しますが、合流したときに「実はさ、お前すっげぇ可愛いからナンパされたらイヤじゃん?」と彼女に伝えられるかどうか。そのひとことが、「私をちゃんと一人の女性として見てくれている」という意識づけに繋がるのです。


 

 

その3:焦らずに、少しだけ強引さを持つ



男女雇用均等法が施行されて随分経ちますが、それでも世の中は男社会なので女性は様々な男性と肩を並べる機会が多いのが現状です。何が言いたいのかといいますと、あなたが気になっている女性に対しては、あなた「だけ」が好意を寄せているわけではない、ということです。他の男性ももしかしたら狙っている可能性だって十分にあります。現に、ウチの嫁さんはmixiのオフ会に参加するときに結婚指輪をつけて参加しても、それでも口説いてくる不届き者がやっぱりいるそうです(私と顔見知りのマイミクさんがガードしてくれているので安心してますが)。もちろんそういうリスクに留意するのは大事ですが、だからといってビクビクしていては何も始まりません。彼女との恋愛を成就させたいのであれば、少し強引さを持つことが必要です。そのためには彼女の好きなことや興味のあることを普段の会話の中からしっかりリサーチしておいて、こちらから「断れないオファー」を出してあげましょう。彼女が乗ってきたらそのままデートのアポを取ってしまえばOKです。女性は“言い訳”を用意してあげると誘いにも応じやすくなります。

女性経験が少なくてリードする自信がなかったとしても、ここは勇気を出して誘っていきましょう。ですが、あまり焦ってガツガツと迫るのは禁物です。案の定、彼女はドン引きですし、あなたとの距離は一気に離れてしまいます。

 

 

”いい人”から”気になる人”へ!付き合いたいと思わせるポイント3つ
まとめ




 
  1. 清潔感は常にキープする
  2. 会話の中に好意を含ませる
  3. ちょっと強引なくらいがいい
 

問題解決のために!
いかがでしたでしょうか。
女性は「付き合いたい男性」と思う男性に対して、「もしかしたらカラダの関係になるかも」とイメージをしながら、「この人といるとドキドキする」という気持ちになれることを望みます。カラダの関係を想像させるために必要な要素が「清潔感」、ドキドキに必要な要素が「言葉の中にその女性への好意を含ませる」と「少しの強引さ」なのです。女性経験の少ない人にとってはあまりピンとこないかもしれない要素かもしれませんが、この3つを踏まえた会話を心がければ「私を特別扱いしてくれる人」としてあなたを見てくれるようになります。がんばってマスターしてみてください。

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております

ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください

dlbutton
 

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!