婚活イベント直前と開催中は絶対NG!女性が遠ざかる”やっちゃいけない”5つ


a1180_011378_m



合コンやお見合いパーティに参加したことがありますか?そろそろ季節的にも出会いが増えてきそうな時期ですし、それに合わせてお見合いパーティや婚活イベントがいっそう増えてくる頃だと思います。お見合いパーティや婚活イベントにおいて心掛けておかなければならないものとして「外見」「会話力」などを挙げるところが多いと思います。もちろん私のこのブログでもそう紹介しています。ですが、逆に「やっちゃいけないこと」についてズバッと触れているところって案外少ないんですよね。外見や会話よりも根本的な部分で、あまり触れたがらない人が多いネタなのですが、あなたは一体なんだと思いますか?







 

 

女性が絶対遠ざかる!婚活イベントで”やっちゃいけない”5つ

 

その1:食べ物や飲み物の臭い



仕事の行き帰りにはいつも地下鉄に乗っているのですが、先日電車に乗ったときに、とても美味しそうな匂いが漂ってきました。匂いの元をたどってみると、30歳くらいの男性がドア際で、ハンバーガーを美味しそうに食べていました。どこのハンバーガーか分かりませんが、I’m Lovin’ It!って感じの顔でした(笑)。電車内で飲食してる段階でそもそもNGですが、一番問題なのは、「食べたものの臭い」です。特にファストフードやラーメンなどのジャンク系は味付けも濃いですし、ニンニクやタマネギの臭いが口臭だけではなく体の奥から臭ってきてしまいます。イベント前にパワーをつけようとカレーを選ぶのも、ニンニクやタマネギ、スパイスたっぷりなのでもちろんNGです。パスタも殆どがソースにニンニクを使っているので不適切ですね。また、喫煙者の場合はコーヒーを飲んだ後は最悪の口臭を放ちます。女性と出会うための場に行くのに自ら女性を突き放してしまう愚行も甚だしいです。イベント前に食べてもいいのは、焼き魚と白米、あるいはプレーンなトーストくらいです。飲み物もジャスミン茶や緑茶など、フレッシュ系か爽やか系の香りのあるお茶類にしておきましょう。体の奥から臭いを放ってしまうと、いくら香水をつけても効果がありません。ブレスケアやフリスクなどの準備は言うまでもありませんが、強い臭いの食べ物の消臭を目的にするのではなく、臭わないフラットな状態からさらに爽やかさを演出させるために使ってください。

 

 

その2:過剰なフレグランス



飲食物に多少臭いの強いものがあったとしても、香水かければいいじゃん。そういう反論をしてくる方もいます。私はこう返しています。「香水のつけかたを分かっているならね」と。人間の嗅覚は脳と直結しているらしく、フレグランス(香水)は、つけた人の雰囲気をさらに際立たせ、好印象を与えるのに重要な要素となってきます。それゆえ、フレグランスのつけかたをよく分かっていないと、第一印象がプラスに働くどころか逆にマイナスになってしまうことがあります。特に女性はつけすぎる傾向があるので要注意です。フレグランスはあくまでもあなたを引き立たせるための道具であって、フレグランスが主役になってはいけません。
根本的なことを言わせてもらいますが、フレグランスは体臭を消す道具ではありません。元々のあなたの体臭とフレグランスをブレンドさせてあなたをグレードアップさせるための道具です。あなたはフレグランスをつけるとき、体のどの部位につけますか?首筋の頚動脈あたり?耳の後ろ?手首?脇腹?はい、全部不正解です。ホストたちは街中でキャッチをするときに、自分の存在をアピールするために敢えてフレグランスを強めにかけていますが、私たち一般人はそこまでする必要はありません。むしろ、フレグランスは「つけたかつけないか分からないくらい」がちょうどいいのです。
では、どの部位にどれだけつけたほうがいいのか?メールを送ってくださった方に限定でお伝えしたいと思います。メールアドレスはhappyattract@gmail.com件名は「フレグランスの件」とでも書いて頂ければOKです。
ただし、送る際は社会人としての必要最小限のマナーを踏まえてください。それ以外はすべて迷惑メール扱いしてブロックしますので、ご了承ください。

 

 

その3:ガムをクチャクチャ



婚活している人で、意外と気がつかないのが、口です。異性が遠ざかる、意外にして非常にまっとうな要素が、いわゆる「クチャラー」です。たまに満員電車のなかで見かけませんか?口をだらしなく半開きにしてガムをくちゃくちゃくちゃくちゃ噛んでいる人。クチャラーはテレビの見過ぎか、幼いころから親に躾けられずに育った、非常に残念な「育ちの悪い人」です。どんなにイケメンでも、どんなに女性のエスコートが上手でも、一緒に食事をするときにくちゃくちゃと音を立てて食べる姿を見せるだけでドン引きされ、恋愛感情が一気に冷めます。もし自分よりレベルの高い異性と付き合いたいなら、ここは真っ先に直しておかなければならないところです。向こうの両親と食事をすることになったとき、どんなに仲が良くなっていたとしても、クチャラーであることが分かると「考え直してくれないか」と言われる確率も上がります。もしあなたがクチャラーなら、直す方法は2つあります。まず1つは食事はゆっくり食べることです。一度に口に運ぶ量を少なめにして、食べたら飲み込むまで次に手を出さないことです。これだけでマナー自体が良くなりますし、口にモノを詰め込まないことで口を開けて噛む確率が減ります。もう1つは、普段会う人を変えるということです。上述しましたように、クチャラーになる原因はテレビの見過ぎや躾といった「習慣」によるものです。習慣で形成されるものであるならば、別の習慣を上書きすることで直すことができます。そのためには、普段とは違う属性の人との付き合いを増やすことです。もちろん、その違う属性はあなたよりもステイタスやレベルの高い人でなくては意味がありません。

 

 

その4:会場内のビュッフェを食べまくる



婚活イベントやお見合いパーティの会場で意外と多いのがビュッフェスタイル。いわゆるバイキング形式のフード類ですよね。せっかく高いお金を払ったんだからガッツリ食べて元を取って…、。はい、アウト。そんな気持ちの方は婚活イベントやお見合いパーティに参加してはいけません。完全に目的を見失ってます。あなたは何のために参加したんですか?出会うためですよね?高い会費を払ったからっていう損得勘定で来ること自体が間違えてます。また、声をかけられない言い訳で元を取ろうというのも完全に「逃げ」の思考です。他の記事でもお伝えしていますが、非モテな人ほど自分の未熟さを棚に上げて結論ばかり急ぎます。まずは「女性と話すことに慣れる」ことや「好みじゃない女性であっても、そこから繋がる人脈」に期待して仲良くなることを考えられなければ、いつまでたってもあなたのそばあるのは女性ではなく、食べ放題のパスタやサラダやローストビーフばかりです。
また、ビュッフェスタイルだからといってお腹を空かして参加して、「腹が減っては戦はできぬ」とばかりにガッツリ食べるのもみっともないですし、カッコ悪いです。ちょっと考えてみてください。婚活イベントやお見合いパーティって「戦場」じゃないんですか?戦いの場で悠長に食事するなんて、普通に考えたらありえないことです。ビュッフェでガッツリ食べようっていう意識自体がそもそもの間違いと認識しましょう。ビュッフェスタイルでもそうでなくても、婚活イベントやお見合いパーティの会場に行く前に食事を済ませておくのがもっともスマートです。事前に食べておくべき食事の内容については、上述「その1:食べ物や飲み物の臭い」を参考にしてください。
念のために言っておきますが、「全く食べるな」ということではありませんからね。

 

 

その5:壁際で地蔵化する



婚活イベント初心者にありがちな状態です。友達を連れてきている人がテーブルで何人か囲んでワイワイやっているのに、こちらはピン(1人)で来たもんだからなかなか話しかけるキッカケを掴めずに壁際でポツンと佇んでいたり。アウェイ感たっぷりで取り残された気持ちが頭をもたげてくると、出会いの場にいるにもかかわらず委縮してよけいに話すことが怖くなってきます。そんなことを繰り返しても婚活なんて全然前に進むことなんてできませんし、しまいには「婚活疲れ」をおこしてそのまま「やっぱ面倒臭いから独身でもいいや」となってしまいます。
婚活イベントやお見合いパーティの会場に入ったら、まずはドリンク片手にどこかのテーブルに入ってしまいましょう。グダグダ考えて迷ってないで、いいからさっさとどこかのテーブルに入りなさい。とりあえず、男性ばかりのところでも構いません。そのときに「今日はよろしくお願いしますー!カンパーイ!!」と自分から元気よく乾杯を促してみてください。そもそもがパーティ会場ですから、盛り上がらないといけない場所です。あなたが口火を切ってあげれば、それがアイスブレイクとなり、あなた自身が喋りやすい空気を作ることになります。乾杯後に「いやぁ、1人で来たから緊張しちゃってさー」などとあなたから切り出せば、相手も自己紹介がてら喋りだします。
ここで「あること」に気づいた方は、自分が思っていたよりも早く婚活を終えることができるかもしれません。どういうことかといいますと、このスタートテクニックは対男性でなくてもいいということです。つまり、初っ端から女性のいるテーブルに入って同じことをやれば、最初の段階で女性との接点を作ることができるわけです。話すキッカケさえ作れれば、あとはあなたが話を盛り上げてラポールを築いていけば楽勝でしょう。

 

 

女性が絶対遠ざかる!婚活イベントでやっちゃいけない5つ まとめ




 
  1. 食べ物の臭いを残して参戦
  2. 自己主張しすぎの香水
  3. くちゃくちゃクチャラー
  4. ビュッフェで食べまくり
  5. 壁際で地蔵化
 

 

問題解決のために!
いかがでしたでしょうか。
必ず1つは該当しているはずです。特に「1.食べ物や飲み物の臭い」と「2.過剰なフレグランス(香水)」は自分では気づかない項目です。しかも、よほどのことが無い限り誰も指摘してくれない項目です。ここでも大事なのが、選ばれるためには「主観」よりも「客観」だということです。第一印象というのは単純な外見だけのことではありません。外見は相手があなたに対する壁を低くさせるためのフィルターの役目にしかすぎません。笑顔や話し方、話す内容、嗅覚で感じるものとあなたの過去の経験から滲み出てくる「匂い」など、あなたの全身から醸し出される雰囲気そのものが第一印象なのです。ファーストインプレッションでそれらに何らかの致命的な欠陥があるから、いつまでたっても彼女ができないし婚活もうまくいかないのです。婚活イベント会場は、ただでさえあなた自身が不特定多数に晒される場所です。まずは自分の普段の食事マナーを見直すことから始めましょう。食事マナーがある程度整ってスマートに振る舞えるようになってから、婚活イベントに参加するようにしていくといいと思います。

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております
ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください


dlbutton

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!