出会いを活かせない!キッカケづくりに失敗する人の特徴3つ


5c3d5c2d2742f8622d43fb959031c384_m


小津安二郎は生前、「男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、それでどうにかならなかったときは、あきらめろ」という言葉を遺しました。最近の事例に置き換えるなら、「婚活イベントやお見合いパーティで出会った女性と一緒にデートして食事を楽しんで仲を深めたい。せめて3回デートするうちにクロージングできなければ恋愛対象から外されても仕方がない」ということです。 問題は、そのデート以前の「出会い」の場面です。せっかくいい出会いを作れるチャンスがあるのに、そこをしっかりと活かせないとデートに誘えないどころか、あなたという存在を記憶の片隅にすら残せずに終わってしまう危険性があります。今回は、婚活イベントや合コン、オフ会などで、いい出会いに繋げられない振る舞いがどんなものなのか?今回はそんな残念な人の特徴3つについてお伝えします。





出会いを活かせない!キッカケづくりに失敗しがちな3タイプ

 

ダメ男の特徴・1 連絡がルーズな人



婚活イベントやお見合いパーティに限らず、異業種交流会やネットのオフ会などでアドレスを交換することって多いと思います。ダイレクトにスマホでやりとりしてメアドやLINEのIDを交換する方もいれば、名刺交換を求めてくる方もいます。ここでは敢えてアドレス交換の方法の是非については問いません。問題なのは、連絡先交換をした後のほうです。意外とやりがちなのが、アドレス交換をしたあと、そのままほったらかしにしてしまったり、「明日でいいか」と思って優先順位を下げたまま放置して日が過ぎてしまう、といったようなことです。時間とともに連絡するのが億劫になってきますし、そうなると「今さら送っても覚えてもらってないかも」と気後れしてそのまま縁遠くなってしまう可能性が非常に高くなります。
ですが、ちょっと考えてみてください。
その出会いの場でのあなたのゴールは、アドレスをゲットしたり名刺をもらうことですか?
それって、そもそもの目標設定が間違えていませんか?
アドレス交換はあくまでも出会いから恋愛に進むためのキッカケづくりに過ぎず、スタートでしかありません。
そのスタートを切るための取っ掛かりであるアドレス交換を「ゴール」だと勘違いしているから、交換後には何の進展もなく、気がついたら無駄にアドレス帳のデータが増えたり名刺ファイルが厚くなっていくんです。アドレスを交換するからには「次に会う約束」を取りつけるクロージングまでするつもりでやらなければ会える確率は相当低くなります。その場で即決ができなかった場合はアドレス交換をしてからのアポ取りとなりますが、その場で決められなかった分、非常に効率が悪くなることは頭に入れておいた方がいいでしょう。 私の場合は、会ったその場で連絡先を交換して、その翌日にデートしてます。で、その女性が今の嫁です。それくらい「速攻」でいく必要があるのです。

 

ダメ男の特徴・2 男性の人脈をないがしろにする人



これは対同性の話です。便宜上「男性」としていますが、女性の場合は性別を置き換えてみてください。 モテたいのにモテてない残念な人の決定的な欠点は、男性の友達が少なかったり、周りにモテる男性がいないことにあります。ですから、合コンやパーティに行っても自分がどう振る舞えば女性ウケするのかがなかなか見えてきません。しかも、非モテ男性や恋愛経験値の低い男性に限って、モテる男性を妙にライバル視したり敵視してしまって、繋がることを極端に避ける傾向にあります。これは非常にもったいないことです。何故かというと、モテる男性の視点や思考を得るチャンスをあなたは自ら放棄しているからです。婚活や恋活であなたが結果を出せていないということは、「今のあなた」の何かが間違っている可能性があるということです。そこにモテる男性が現れたということは、今のあなたに欠けているものを見直し、新たに取り入れる良い機会が与えられたと考えるべきなのです。 また、モテる男性やナンパ好きな男性は、意外なことに男性の友達や仲間が多いのです。モテ仲間を作ることで、ヨコの繋がりを強化することで様々な情報交換をしたり、複数で動くことでグループナンパをしたりと、行動範囲がグッと広がります。非モテから脱却するためには、モテる男を味方につけてることやモテる男を真似することが大事です。ファッションセンスを磨いたりトークスキルを高めていく環境に自ら飛び込む努力をしていきましょう。

 

ダメ男の特徴・3 依存してしまう人



非モテの男性がモテる男性から学ぶことは非常にたくさんあります。ですが、合コンマスターやスカウトの延長で手当たり次第に声をかけまくるナンパを兼ねたスカウトマンなど、スゴい人に出会っても、いきなりその場で「メンター(師匠)になってください」とお願いするのはNGです。なぜなら、非モテにありがちな思考として「他人になんとかしてもらおう」とする気持ちを持っていることが非常に多いからです。つまり、自分の判断で動くことができずにメンターの判断に依存してしまう傾向が強いということです。これは、前述「2」が、度が過ぎた場合に起こりうるタイプといえます。仕事でたとえたら、”指示待ち族”と同じようなものです。 最初の段階では「どういう手法で声かけしているのか」「最短で距離を詰めるにはどうすればいいのか」」といったテクニックやアプローチ方法を見習うという意味で同行したり近くで見るのはいいのですが、ある程度までいったら自分の判断で動いていかなければなりません。何故なら、メンターとあなたではこれまでに育ってきた環境やバックボーンが違うわけですから、ターゲットも当然異なるからです。あなたがどんな人が好みなのかは、あなただけにしか分からないことです。ある程度のところまでいったら、メンターに依存するのをやめて、自立して動けるようになりましょう。 「守破離」をきちんと踏まえて、ある段階で独り立ちする必要があるということですね。

私の個人コンサルでは、会話ロールプレイングを中心にした実地訓練で、異性に対する免疫と会話力向上を養うことができます。結婚相談所のように一方的に紹介案件を押し付けないのは、あなたにはあなたの好みがあるからで、あなたのポテンシャルをあげてクロージング能力を高めることこそが、本来の婚活に求められるアビリティだと考えているからです。

 

出会いを活かせない!キッカケづくりに失敗しがちな3タイプ まとめ




 
  1. 連絡は早めに確実に!
  2. 同性の人脈をフル活用する
  3. 師匠に依存しすぎない
問題解決のために!

いかがでしたでしょうか?
大事なことなので繰り返しますが、せっかくいい出会いがあっても、ただスマホのアドレス帳のメモリを増やしていくだけでは何の意味もありません。サイン入りの著者本を持って喜んでいるのと同じで、ブックオフに持っていっても何の価値もない自己満足レベルです。出会いの場はいくらでもあります。そこでアドレスをゲットするのも場のノリと勢いで楽にできることも多々あります。ですが、そこから先はあなたが動かないと何の意味もありませんし、出会いを活かして進展させることもできません。女性に「いい人に出会った」と思われるように、要領よく密度濃くコミュニケーションを取っていってください。異性に対してはもちろん、同性に対しても面倒くさがらずに対応する癖をつけて「すぐ動く」ことを心がけていれば大丈夫です。何にしても、場数を踏んで経験値を積んでいってください。

 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております

ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください


dlbutton

「はてなブックマーク」へのブックマークをお願いいたします!