婚活を短期で終わらせるための3つの考え方


a0002_008026_m

最近、「婚活疲れ」という言葉がメディアで出回っています。文字どおり、婚活に疲れてしまった人の状態です。婚活が疲れてしまうということは、婚活をしていても、思うような結果を得られない、あるいは自分の望み通りの相手が見つからずに長期化してしまっていることが原因といえます。
確かに、長期化するとモチベーションも下がってしまうし、「自分は結婚しちゃいけない運命なのかも」とネガティブ思考が脳裏をかすめる(本当はただの思い込み)ことが多くなります。むろん、婚活はなるべく短期間で勝負を決めた方がいいです。ですが、結婚相談所で紹介してもらった相手との進展の仕方や、どれぐらいのペースで進めていけばいいのか、ってわからないこともまた多いですよね。
今回は、「なぜ婚活を短期で終わらせた方がいいのか」についてお伝えします。




短期決戦で良い結果を!婚活をスパッと終わらせるための3つの考え方

婚活を短気で終わらせる方法・1 結婚相談所の使いかたを見直す

特に結婚相談所での婚活をする場合にあてはまります。この場合、結婚したいからこそ相談所へ登録しているわけですよね。相手の方も同じように、本気で結婚相手を探している方です。なので、「いいな」と思ってから時間をかけていると相手も他の人を探し出してしまいます。結婚する意志があるならばそれを早く明確に相手には伝えた方が失敗は減る、というわけです。つまり、一言で言ってしまいますと「躊躇っていると、その他大勢に撮られる可能性が高い」ということです。

ただし、結婚相談所に登録した人の大半は、うまくいきません。なぜかといいますと、「自分を変えることを怠る人が多い」あるいは「”自分磨き”の方向性を誤っている人が多い」からです。モテない人特有の「自分しか見えていない」という身勝手な思考の持ち主が、結婚相談所登録者には実に多いのです。具体的に言いますと、「結婚相談所に登録したんだから、いい人を絶対に紹介してくれるはず」という「ドラ○もん」や「魔法の杖」の存在に頼りきって自分を変える努力を怠ってしまいがちになります。自分の振る舞いや性格、性癖などに問題があってモテなかったとしても、そこに意識を向けることなく「紹介してくれるアテ」を探してしまうのです。負け組のくせに図々しいもんですよね。自分を見つめ直さない限り、結婚相談所に登録したって幸せな結婚はできませんし、それ以前にいつまで経っても素敵な出会いなんて無いということを肝に銘じておきましょう。

婚活を短気で終わらせる方法・2 会話をゲーム感覚で楽しんで、慣れる

婚活は色々な人とメールをしたり会って話をしたり、そのたびに緊張しますし疲れます。初対面の人とは会うとやはり疲れるものです。それを何度も何度も繰り返していると、そのうちにどっと疲れが押し寄せてきます。いわゆる婚活疲れです。そうなると気力を失ってしまいますし、婚活をお休みし始めたら、またどんどん結婚は遠のきます。

疲れるということは、自分が異性とのコミュニケーションに慣れていないということです。もっと言ってしまえば「相手に恋愛感情を持たせる会話の運び方を知らない」ということです。恋愛には、野球の試合のように「どういう球を投げてきてどう返せばいいか」の読み合い、最終的に結婚というホームランを打つという、「駆け引き」があります。その駆け引きを楽しんでこそ恋愛が上手くいくわけですし、最終的に結婚というグランドスラムを迎えられるのです。

婚活を短気で終わらせる方法・3 アラフォーは年齢以外のスペックを磨く

アラフォー世代ともなると、一人で生きていこうと決断している人もいます。でも、それでは寂しいからとパートナーを探し始めるのですが、30代後半から徐々に出会いのチャンスが減っていき、40代を過ぎての婚活が非常に不利となるのは紛れもない事実です。そのため、数少ないチャンスを取りこぼす事無く活用したいところです。私自身も30代は婚活に勤しんで数多くのパーティや合コンなどに参加しましたが、なかなか結果が出ませんでした。

40代には40代なりの婚活方法がありますが、年を取れば取るほど外見、ステイタス、コミュニケーション能力のいずれか、またはそのすべてが長けていることがアドバンテージになってきます。私の場合は転職歴が多いため、持ち前のコミュニケーション能力と、それに合わせた外見磨きに力を入れました。他人には無いアドバンテージを作ることでわずか76日で結婚できたといっても過言ではありません。
いかがでしたでしょうか。
なんだかんだ言っても、結婚するのは他でもない「自分」なのですから、婚活でなかなか長続きしないのであれば自分の内側に目を向けて「足りないもの」「欠けているもの」を知ること、つまり「自分を知ること」が一番大事なこととなります。自分を知ることでどこにアドバンテージがあるのかを知ることができますし、そのアドバンテージを活かすことで相手に好印象を与えることができて、関係は長続きしていきます。
スペックももちろん大事ですが、スペックを最優先してしまうとパーソナリティ面とコミュニケーション面で噛み合わなくなります。上記の3つを踏まえたうえで、「一緒にいて楽しいと思える相手かどうか」を見極めていけば、自然と自分にフィットした相手が引き寄せられてくるはずです。

まとめ
  1. 1.結婚相談所を使う場合でも自分磨きを怠らない
  2. 2.ゲーム感覚で会話を楽しんで免疫をつける
  3. 3.年齢的不利は外見やステイタスなどの項目で補完する
 

自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております
ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください


dlbutton

是非、一度お試しください。自分作りに役立てる無料レポートをプレゼントしております
ご興味のある方は、下記をクリックしてダウンロードしてください。